地球環境とARTの融合を群馬から発信する*CORE FESTIVAL*オフィシャルブログです。


by corefestival

タグ:メッセージ ( 4 ) タグの人気記事

たくさんの応援メッセージありがとうございます。

c0115393_17175859.jpg


大久保 青志さん(ザ・アトミックカフェ)

南兵衛@鈴木幸一さん(アースガーデン)

辻 信一さん(文化人類学者、ナマケモノ倶楽部世話人)

高坂 勝さん(たまにはTSUKIでも眺めましょ)

meisoさん

Hisomi-TNPさん

Shing02さん(MC、音楽家)

カクマクシャカさん

mouthpeaceさん

ELEVENさん

岩上安身さん(フリージャーナリスト、IWJ代表)

松田 美由紀さん(女優、写真家)

岩井 俊二さん(映画監督、映像作家)
[PR]
by corefestival | 2012-02-13 08:49 | MESSAGE
https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/index.php
以下の内容は上記サイトより転用させて頂きました。

柏崎刈羽原発の運転再開は危険です。
柏崎刈羽原発の周辺には、大きな地震を引き起こす活断層が存在しています。
しかし、その調査が十分に行われないままに、原発は建設されました。原発の耐震設計の基準値は、現実に起こった地震をはるかに下回っているようです。また、火事を起した配電施設を始め、多くの関連施設は岩盤の上ではなく、柔らかい地面の上に建設されています。

今回の地震で、老朽化が懸念されていた一号機を始めとして、七基すべての原発およびその関連施設が損傷を負いました。原発の敷地そのものが大きな隆起、沈下を起こし、デコボコになっている箇所もあります。目視では確認できないヒビやゆがみを含め、原子炉の主要な機器・配管にも損傷が及んでいる可能性があり、再び地震に襲われれば、より重篤な事故を起しかねません。

周辺の活断層が今後、さらに大きなマグニチュード8に達する地震を引き起こす可能性も示唆されています。施設がどれほど修復されたとしても、地下の活断層を取り除くことは出来ません。
取り除けない不安を無視して、柏崎刈羽原発が再び稼動すれば、それは不安の連鎖を引き起こし、社会に必要な信頼を失わせるのではないでしょうか。

柏崎刈羽原発がこのまま静かに役目を終わらせることを私達は望みます。

賛同者:
坂本龍一、 高橋健太郎、 shing02、 吉原悠博、 飯野賢治、 空里香、 吉村栄一、 山口モトキ、
大林ミカ、 高谷史郎、 村上龍、 SUGIZO、 名和晃平、 大貫妙子、 松武秀樹、 サエキけんぞう、
青木孝允、 桑原茂一、 濱野貴子、 高田漣、 高野寛、 カクマクシャカ、 米田知子、 谷崎テトラ、
西健一、 テイ・トウワ、 祐真朋樹、 石川直樹、 平間 至、 堀信子、 田島一成、 飛矢崎雅也、
瀧本幹也、 佐々木直喜、 椎名和夫、 kyoka、 もりばやしみほ 、 Oto
(以上、artists' power)
田中 優(未来バンク)、 辻信一(ナマケモノ倶楽部)、 中村隆市(ナマケモノ倶楽部)、
信藤三雄(CONTEMPORARY PRODUCTION)

このメッセージに賛同される方は、署名をお願いいたします。刈羽村長、柏崎市長、新潟県知事に提出いたします。
https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/index.php

Artists’ Powerとは
2001年,音楽家の坂本龍一が『地雷ゼロキャンペーン』で知己を得たGLAYのTAKUROに声をかけスタートさせたのが、
任意団体『Artists’ Power』(略称AP)です。
主にメーリングリストで、環境問題、社会問題などの情報共有し,おのおのの活動の現場でその知識を生かすことが出来れば・・・
ということで,特に外向的な活動は行われていませんが、2006年にPSE法の施行を巡る問題が起こった際には、
MLで問題が知らされてから数週間のうちに有志が立ち上がり、経済産業省にPSE法の持つ問題点の解決を求める運動のきっかけを生み出しました。
また、2002年頃よりAPのメンバーである音楽プロデューサー、小林武史の呼びかけで、環境問題に関する勉強会が始まり,
そこから小林武史およびMr. Childrenの櫻井和寿が中心となり「ap bank」というNPOバンクが生まれました。
形のない任意団体でありながらも、APから生み出される社会的な影響は決して小さくありません。
現在このAPメーリングリストには百名のアーティスト、クリエイターとそのスタッフなどが参加しています。
[PR]
by corefestival | 2007-09-07 17:02 | NEWS
2月14日 現在。

■六ヶ所村の再処理工場はものすごいテロですよ。六ヶ所村は、縄文文化圏のど真ん
中。その時代からずっと続いてきた人間と自然界からなる共同体に対するテロです。
空気、海、土は今の世代ばかりでなく、未来に生きるすべての生きものの生存の基
盤、母なる大地ですよね。それに決定的なダメージを与えるテロです。だからロッカ
ショはもうひとつのグラウンド・ゼロ。

ではぼくたちはどうしたらいいか。ノーム・チョムスキーは9.11の後、こう言っ
たそうです。「誰だってテロをやめさせたいと思っている。簡単なことです。参加す
るのをやめればいい」

システムはぼくたちをこのテロに巻き込もうとしている。今のところ、やすやすと。
マスコミも全くあてにならない。ぼくたちはぼくたちのやり方で、草の根のコミュニ
ケーションを活発にして、テロへの参加を拒絶し始めるしかありません。できること
から自分の暮らしを変えていくんです。そのひとつひとつはどんなにささやかに見え
ても、それが集まればすぐ、原発分といわれる電気の3割分くらいは省エネ、つまり
ボイコットできる。自己満足だって? いいじゃない、すべては自分満足から始まる
ものです。自然エネルギーを応援し、できるところから参加してゆきましょう。使い
捨てをナマケる。自動販売機をボイコット。GNH、つまりより少ないモノでより多い
喜びを。農的な暮らし。地産地消、フェアトレード・・・。そして木を植えましょ
う。

その一方で、まず今年11月に予定されている本格稼動を食い止めるために、自分にや
れることをしましょう。『六ヶ所村ラプソディー』を広めよう。勉強会でも、ウォー
クでも、ライブでも、デモでも、フェスティバルでも、ビラでも、本でも、ブログで
も、MIXIでも、お祈りでも、やれることはなんでも。六ヶ所の人々と、青森の人々
と、北東北の、南北海道の人々とつながりましょう。

もちろん本当の意味の解決への道は遠いでしょう。近道っていうのは多分ない。時間
はかかる。だって、この社会にはびこっている、「経済成長のためには戦争も環境破
壊も仕方ない」という馬鹿げた「常識」や、「海や大地を汚しても金儲け」なんてい
う歪んだ価値観を変えようっていうんだから。でも、ひとりひとりの気づきは一瞬で
起こる。大事なのは金じゃないんだ、新鮮な空気だ、きれいな水だ、いのちだ、と思
えるだけでいい。その瞬間に実はもう大きなうねりができているんだと思うんです。


僕たちは今、わかれ道に立っています。そのことにしかし、まだ多くの人は気付いて
ない。でも、この六ヶ所問題は、とてもいいきっかけになりうる。プルトニウムみた
いな恐ろしいものを大量に抱え込むことの恐ろしさを知るきっかけ。『美しい国』ど
ころか、とんでもない汚れた不自由な国になってしまうということを知るきっかけ
に、ね。そこを若い世代と共有できたら、社会が本質的に変わるような大きなシフト
が起こりうる。そう、あなたがハチドリのクリキンディです。ひとしずくをありがと
う。

文化人類学者/環境運動家/明治学院大学国際学部教授

辻信一 ホームページはこちら

ハチドリ計画



■未来を作るのは今の自分の行動です。

良くするのも悪くするのも自分次第。

まずは僕自身が変わる事、

それは並大抵の事ではないのかもしれないけど

きっと、その情熱が人の心を動かすんだと信じています。

僕が受け取った物を次にプラスで渡すのか?

それともマイナスで渡すのか?

どんな僅かな力であっても行動は確かな結果を残すから

一人は皆の為に 皆は一人の為に

未来を変えろ!


mouthpeace/無知の知 ・6MCs REVAMP


[PR]
by corefestival | 2007-02-14 15:36 | MESSAGE

2月10日現在

様々な分野で御活躍されている方々より
応援のメッセージを頂いております。

message

■速いのが良いとは限りません
Slow is beautiful.

meiso/無知の知 ・6MCs REVAMP

■「僕等の行動は、未来を変える。必要か、不必要か。耳を塞ぐな。
決めるのは君だ。」

http://kakumakushaka.com/
安村 磨作紀(カクマクシャカ)/無知の知 ・6MCs REVAMP

■CORE FESTIVAL、凄い!
桐生というローカル性の中でのこの企画の多様と挑戦性、
カッコイイね。このカッコ良さが広く伝わる世の中になれば
おのずとNoNukesが実現してるってコトだよね。
自分たちの感性と表現を信じて、
大地と天の間に真っ直ぐ、大きく、立ち続けてください!

http://www.earth-garden.jp/
アースガーデン 南兵衛@鈴木幸一

■「立つ鳥、跡を濁さず」

http://www.e22.com/birdy/
SHING02/
無知の知 ・6MCs REVAMP

■六ヶ所村で起こっていることは、地域の問題であると同時に、日本全体の問題
です。核兵器を持っていない日本が、膨大な量の余剰プルトニウムを抱え、大
規模な再処理事業に踏み込むことは、国際的安全保障にも大きな影響を与えて
います。再処理がなくてもエネルギー問題にはなんの影響もありません。もっ
と言えば、原発そのものがない未来も、わたしたちは選択することができま
す。共に考えるきっかけになればと思います。

特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所
大林ミカ

■〜楽しい未来をimagineしましょう〜
2006年の夏に"サヨコオトナラ"のLIVEを企画した時に、そのメンバーである OTOさんからドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディー」のことを聞いた。
だけど、群馬では上映予定はない。そこで、自分がやるしかないと衝動にかられ、この[CORE FESTIVAL]が動き出したのです。
そこで私の身近な友人やいろんなアーティストに声をかけて開催の準備を進めてきました。
まず、きっかけとしてこの映画を観て、反対とか賛成ということではなく、「自分はどう感じるか?」「どうしていきたいか?」
を考えるチャンスだと思ってくれるのでもいいし、あまり現実味がなくても"知って"くれることも大切です。
私としてはこの[CORE FESTIVAL]は"楽しく未来を考え、知るきっかけ"としてより多くの人たちとシェアしたいと思っていますので、
ぜひご来場ください。スタッフ一同、皆さんをお待ちしております。

hiromi(地球のうた)
[PR]
by corefestival | 2007-02-10 11:08 | MESSAGE